不動産売却で発生する税金について

不動産を売却すると、場合によっては住民税や所得税が発生するケースもありますが、日頃売却する機会はそう多くはないので、いざ売却するとなれば税金のことがわからないというのは当然のことではないでしょうか。
不動産を売却した場合、必ず住民税と所得税が発生するとは限らず、不動産を購入した金額よりもかなり高く売却できた場合にのみ、住民税と所得税が発生するケースがあるということをまず頭に置いておくようにしましょう。
つまり、不動産の値上がりが期待できない今の時代ではでは、購入した金額よりも高く売れるケースはほとんどなく、税金の心配をする必要もほとんどの不動産売却ではないことと言えます。
税制の仕組みとしては、売却益が出た場合は住民税と所得税が課税されますが、仮に高く売ることができた場合でも個人の居住用財産に限っては、なるべく税金が発生しないように様々な特例が設けられているので、税金で大きく損をするということはありません。

移動できるオフィスはとっても便利

永久的に使用しないお部屋
をお探しならトレーラーハウス

http://www.sunfeel.jp/project/pm/
滞納金督促、更新契約、クレームの対応など、賃貸経営に関する業務を代行いたします。

関東地域で根強い人気を誇るログハウスの建築家
ノーザンライトホームズがあなたのお家をお作りします

浴室暖房乾燥機の通販なら
すみーくで決まり